保険診療でお肌のトラブルを改善します。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、5人に1人の割合で発症する慢性の皮膚炎です。
遺伝的素因を背景に発症することははっきりしていますが、皮膚炎を発症させる直接の原因については、はっきり分っていません。
現代の医療では、発症してくる皮膚炎をうまくコントロールすることはできますが、完全に皮膚炎が出ないようにすることはなかなか難しいのが現状です。
通常、この皮膚炎は幼少時にひどく、大人になるにつれて軽くなっていく場合が多いのですが、近年、大人になってもひどいままの患者さんが増えています。これには様々な原因が考えられますが、中でも多いのが、不適切な治療とスキンケアです。 アトピー性皮膚炎の治療
主な治療としてはステロイド外用、抗アレルギー剤や漢方薬の内服ですが、漫然と使っているとよくならない場合があります。
当院では、患者さん一人一人の皮膚炎に、何が悪さをしているかを患者さんと一緒に考えながら、悪さをしているものがありそうなら、その要素を取り除き患者さんにあった治療を探すように努めています。
最近、ビタミンCローションの外用による治療を試み始めました。
ステロイド外用なしで完全なコントロールは得られませんが、ステロイドの外用量を減らせる場合があることと、痒みを軽減できる場合があるので、有効な補助療法になると考えております。
私は、アトピー性皮膚炎では世界的に有名な上原正巳先生(元滋賀医大皮膚科教授)のもと、多くの重症なアトピー性皮膚炎患者さんの治療に従事して来ました。その経験を生かして、アトピー性皮膚炎に苦しむ患者さんの助けになれたらと考えています。

△ページトップに戻る

湿疹・手湿疹

湿疹は皮膚科で最も多く見る病名の一つです。
これは、皮膚にできる痒い皮膚炎のことなのですが、これが生じる原因ははっきり分っていないのが現状です。
全身に生じる場合があるので、なにか内科的な病気の一つの症状として出ているのではないかと心配される患者さんが多いのですが、そういうことはほとんどなく、ただ皮膚にかゆいのができるだけという場合が多いのです。ただ、似たような症状で、内科的な病気が合併するものもあるので注意が必要です。
やはり、専門の医師に一度ご相談されるのがよいと思います。
手湿疹は、別名、主婦手湿疹とも呼ばれ、水を使う職業の人に多く出る病気です。(いわゆる手荒れです。)
これは、水など、手への刺激によって生じるものですから、極端な話、手を使わなければ治ります。しかし、日常生活において手を使わないわけにはいかないので、水を使う時や、手への刺激が強い作業をする時などは手袋を使って手を刺激から守ることが最も重要です。
アトピー性皮膚炎の素因がある人に多いと言われています。
「食器を洗う時は必ず手袋をしているんですが」とおっしゃる方が多くいらっしゃいます。
食器を洗う時はしていても、料理をする時にしていなければ、結局水をさわるので手に湿疹ができてしまいます。できれば、料理の時にも、薄手のラッテックス製の手にぴったりとフィットするような、作業のしやすい手袋を使用することをお勧めします。
治療としては、湿疹も手湿疹もステロイド外用が最も有効ですが、手に関しては皮膚が分厚いために薬が大変効きにくく、ある程度強いステロイドを使わないと治りません。
時々他院でかなり弱いステロイドを処方され、全然よくならないといって来られる方がおられます。やはり、症状に合ったステロイドを使用することが大事です。
副作用に関しては、間違った使い方をしなければ、特に心配する必要はありません。
専門の医師の指導のもとに使うことをお勧めします。また、塗り薬だけでなく、症状にあわせて、抗アレルギー剤や漢方薬の内服も併用します。

△ページトップに戻る

にきび(ニキビ)

当院では、抗生物質の内服および外用、漢方薬、光線治療、ビタミン剤の内服、ビタミンCイオン導入といった方法の中から、症状にあわせて何種類かの方法を併用して治療しています。
抗生物質の内服は確実に効果のある治療法ですが、薬を飲んでいる間はいいが、やめると出るということになる場合が多くあります。
抗生物質の長期内服は、抗生物質が効かない菌を発生させてしまう危険性があるため、あまりお勧めできません。
私は、よほど重症な方には初期治療として抗生物質の内服をしばらく併用しますが、ほとんどの方は、外用療法と漢方薬、ビタミン剤の内服、光線治療、ビタミンCイオン導入などを組み合わせると、抗生物質なしでうまく治療出来るようです。 ニキビの治療クリアライト
当院で行っている光線治療は、ルミナス社の開発したクリアライトという機械を使ったものです。
人間の肌には害のない光を20分顔にあてるという簡単なものです。痛みはありません。
この光の中に、ニキビ菌に吸収され殺菌作用を示す波長の光が含まれており、殺菌効果をあげます。
週1回の照射で十分効果はあるようです。

その他、ニキビ用石鹸(サンソリット・スキン・ピール・バー)や、ビタミンC美容液などを使って日々のスキンケアをすることも有効です。(これらのスキンケア商品も当院でも販売しています。)

水虫・爪水虫(足白癬・爪白癬)

水虫は白癬菌(カビ)による感染症です。
足の裏の皮膚が硬くなってガサガサになったり、皮が薄くめくれたり、水泡ができたりします。
痒みはない場合も多いです。
皮膚にできた水虫は塗り薬でかなりよくなりますし、軽症の場合は再発せず治ってしまう場合もあります。市販の薬を塗っている患者さんも多く受診されますが、市販のものは効きが悪く、かぶれる率が高いので、あまりお勧めできません。
原因はカビですので、足が汗などで湿った状態にあるとひどくなります。裸足で過ごせる時はなるべく裸足になって、足を乾かしてもらうのがよいと思います。
爪の水虫は、多くの場合、塗り薬だけではよくなりません。抗真菌剤を内服するわけですが、大部分の爪が生え変わるまで飲み続けなければなりません。
多くの人は6ヶ月くらい飲み続ける必要があります。長期にわたって飲み続けるため、副作用で肝臓が障害されることがあります。肝障害が生じる頻度はかなり低いですし、ほとんどの場合、飲むのを中止すれば、肝臓の機能は正常に戻ります。
肝障害がひどくなる前に発見するために、一ヶ月に一回、血液検査で肝臓が大丈夫かどうかチェックする必要があります。
ただ、爪の水虫は、治療しなくても特に命にかかわるものではないですし、痛くも痒くもないので、気にならなければ治療する必要はありません。あくまで見た目が悪いから治療するわけですから、私はいつも薬を飲むかどうかは患者さんに決めてもらっています。
ただ、治療するなら、なるべく早くする方がいいと思います。

△ページトップに戻る

巻き爪の矯正(自由診療)

巻き爪は、早期に治療すれば手術をしなくても治すことが可能です。アトピー性皮膚炎の治療

痛いのを我慢して放置すると、爪の周りの皮膚が化膿してしまいます。

当医院で採用しておりますVHO式巻き爪矯正法は手術による治療ではなく、血が出ずに痛くない巻き爪ワイヤー矯正です。

※この施術は自由診療となります。

 

処置手順

@専用のスチール鋼を爪の大きさにあわせて切り爪の湾曲の状態に合わせて湾曲させる。

Aこのワイヤーを爪の左右に引っ掛け、専用のフックを用いて巻き上げ固定する。

B余分なワイヤーをカットし、人口爪でワイヤー部分をカバーする。

VHO式巻き爪矯正技術の由来

VHOとはメディカル・フスフレーガーのエルヴィラ・オストホルト氏によって1979年に創設したオートニクシー研究所で開発された巻き爪矯正技術につけられた名称です。重度の巻き爪の矯正法として、手術以外の選択肢=血を出さず痛くない方法を開発してVHOと命名しました。

*****VHO式巻き爪矯正のサイトより引用*****

自由診療料金

初回 一つの爪につき 15,000円
ワイヤー付け替え 一つの爪につき 10,000円

自由診療料金表一覧

VHO式巻き爪矯正をもっと詳しく見る→→

△ページトップに戻る